小児歯科

小児歯科

小児治療では、お子様の口を無理やり開けるような治療はおこなわず、お子様が安心して、怖がらずに治療を受けていただけるよう心がけています。お子様自身にやる気を出してもらい、みずから口を開けて診察してもらえるよう、徐々に治療を進めていきます。キッズスペースの用意もございます。治療を進めていく上で症状が改善してきたら、「治ってきてるよ」などの声がけや、きちんと歯ブラシができているお子様を褒めるなど、お子様のモチベーションを上げていきながら治療を進めていきます。

ご要望があれば、お母様に対して、お子様の生活指導や食事指導、ブラッシング指導などもおこなっております。定期的なメンテナンスを通じて、虫歯予防に努められるようサポートします。

フッ素塗布

生えたての乳歯や永久歯は歯の質が弱く、虫歯になりやすい特徴があります。歯にフッ素を塗布することで、虫歯の予防に努めることができます。

フッ素の効果
  • 虫歯菌が酸を作るのを抑制
  • 歯を強くし、酸に溶かされにくい状態を作る
  • 歯の表面を再石灰化する働きがある(酸によって溶けた歯の表面に硬い組織を作る)

ブラッシング指導

正しいブラッシングを習慣づけることで、将来の虫歯予防につなげていきます。
ご希望があれば、お母様へもお子様のブラッシング指導をおこなっています。家庭でもしっかり歯磨きができるようサポートします。

床矯正・矯正歯科

治療の過程で矯正が必要と思われたお子様には、小児矯正の案内をさせていただいております。
当院では、高くて矯正が難しいと感じておられる方のために、矯正治療を低価格でご提供させていただいております。多くのお子様が、健康で噛み合わせの合った歯で生活していけるよう、無理なく矯正を始めていただけるようにしております。

床矯正

床矯正をする対象は、基本的に小学校低学年の7〜8歳の成長期のお子様です。歯ならびが悪いままでは顎骨が正しく成長しません。顎骨が成長しないことは、さらに歯並びを悪くしてしまいます。歯並びが悪いと、噛み合わせが合わず、姿勢が悪くなり、集中力が低下するなど、お子様の日常生活にも支障が出てしまいます。永久歯が生えるまで待つのではなく、早期に治療することで正しく歯が生えてくるようにするのが、床矯正治療です。

歯並びが悪くなる要因

歯並びが悪くなる原因の多くは、歯が生えるスペースが足りないことや、顎の成長不足の結果です。子どもの頃に正しく顎が成長することで、みずからの力で自然に歯の位置を正しくすることができるようになります。

治療方法

床矯正は、食事の環境を見直したり、悪い習慣を止めたり、正しく歯が並ぼうとしたりする力をサポートします。使用する装置のことを床(しょう)と呼ぶので、床矯正と言います。

費用

5万円〜(税抜き)

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯に「ブランケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていくスタンダードな治療法です。矯正にかかる期間は、患者様の状態により大きく異なります。平均は2〜3年ですが、歯を抜かずにできる簡単な矯正の場合は、6ヶ月〜1年程度で終わることもあります。床矯正をしていたお子様が引き続きワイヤー矯正をする場合は、比較的短期間で終了する傾向があります。

ワイヤー矯正を終えた後は、保定をおこないます。矯正で動かした歯は、放っておくと元に戻ろうとしてしまいます。そのため、矯正が終わった後には、歯の後戻りを防ぐために「保定」をおこなうのです。保定の期間は、1〜2年程度のものから一生のものまでさまざまです。

費用

片方15万円〜(税抜き)
両方30万円〜(税抜き)

TEL:072-293-6480 PAGETOP
sp_footer_tel.png
アクセス
トップに戻る